石井 修一   イシイ シュウイチ

有限会社マインズプランニング

石井 修一   イシイ シュウイチ

有限会社マインズプランニング

最低資産運用額: 制限なし オンライン対応 19時以降の相談対応

資格・認証

個人の資格

証券外務員二種
FP技能検定2級

所属企業の認証

金融商品仲介業登録番号:関東財務局長(金仲)第772号

提携会社

エース証券株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、ソニー生命保険株式会社、アクサ生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社

所属拠点:栃木本社 アクセスを表示
対面相談エリア: 栃木県、 東京都(23区内)、 埼玉県、 群馬県、 茨城県
相談可能分野: 資産形成・運用、 ライフプラン、 保険、 年金・退職金、 相続・贈与、 事業譲渡・承継
月1万円~の積み立て投資からご相談受け付けています。
現在は7名のスタッフと共に、保険代理店業務20年以上のキャリアで培ってきた知識・ノウハウをセミナーや日々の活動の中で地道に伝えています。

また、私自身の学生時代からお金の知識がないことで苦労した経験を、同じように若い世代に経験して欲しくないとの想いもあり、主に10代から30代を中心にお金に関する教育サポートも拡げています。

お客さまを取り巻く環境を把握し、目的やニーズに合わせて情報を整理し、正しい方向に導いてあげることが私たちの役目です。

また、IFAとしてお客さまの資産運用のアドバイスから実行・フォローまで親身に安心のライフプランを提供します。

当社では損保のプロフェッショナルや社労士もスタッフで揃え、様々な角度・立場からお客さまをバックアップしていきます。

資産形成や相続、企業のリスクマネジメントまで様々な問題を解決します。お気軽にご相談ください。

オフィス内ご相談スペース

経歴
自動車保険や火災保険中心に、お客さまの日常生活に関わることでもっと役に立ちたいという想いが強くなり、FP資格を取得。

日常生活から企業防衛までのリスクマネジメントサービスの質を高めるため組織強化を図り、2015年よりIFA業務開始。お客さまの教育資金や老後資金の資産形成のアドバイザーとしても活動。
学歴
千葉商科大学経営学部卒業
サービス概要
●リスクマネジメント
・損害保険
情報提供からお客さまのリスク環境をしっかりと把握し、ニーズに合ったプランを提案します。意外と知らない保険の活用法を丁寧に教えます。
〜取扱保険商品〜
自動車保険/火災保険/傷害保険/事業者向け総合賠償保険/従業員災害補償保険/運送保険/IT関連保険etc
・企業リスクコンサル
多様化する企業リスクに対し潜在化したリスクを見える化、企業にとって必要な安心できる保障とコストの面から最適化し一元管理します。個別相談から企業向けセミナーまでご要望あればいつでもお伺いします。
・助成金コンサル
「社労士法人パートナーズメニュー」との連携で助成金について詳しくご案内させて頂きます。

●生命保険
「生涯支払う保険料合計を計算したことがない」「公的制度って知ってますか?」「いくら保障があれば安心できるんだろう?」「今加入の保険でいいんだろうか?」などなどみなさまの不安や疑問を親身に解消します。目からウロコの保険の本当の話プロの私たちにお任せください!
〜主な取扱保険商品〜
変額保険/終身保険/医療保険/収入保障保険/ガン保険/介護保険/告知緩和型保険/退職金プラン/従業員福利厚生プラン/事業保障プランetc
・ライフプラン表作成
将来の夢ややりたいこと、今のままで大丈夫なんだろうか?子供の教育資金ってどのくらいかかる?老後が心配・・・そんな不安を解消するのが「ライフプラン表」作成です。当社では無料でお客様の作成のお手伝いをさせていただいています。

●投資信託
「資産運用を始めたいけどどうしたらいいか分からない・・・」「保有している株式や投資信託の情報が欲しい・・・」「金融機関から投資信託など勧められるけど、十分な判断ができない・・・」そんな時は当社にご相談ください。分かりやすく丁寧にサポートします。初心者向けにゲームで楽しく投資が学べる「ドルコスト平均法ゲーム」から一緒に始めましょう。

●相続・民事信託
・相続贈与相談
知っているようで知らない相続のこと相続士の視点から最適な手法で円滑に資産を受け継いでいきましょう。
・民事信託
信託アドバイザーと司法書士との連携で想いをカタチにしましょう。

取扱頻度
  少ない   中程度   多い
投資信託        
国内株式 なし
国内債券 なし
外国為替 なし
海外株式 なし
海外債券 なし
生命保険        
損害保険          
資格
証券外務員二種
FP技能検定2級

相続診断士
DC(確定拠出年金)マイスター
損害保険トータルプランナー
民事信託アドバイザー

投資信託の料金体系

仲介料をはじめ、相談料・管理費・年会費などの費用はいただいておりません。ただし、金融商品をお取引いただく証券会社が徴収する手数料・信託報酬がある場合、お客様が開設した口座を通して、証券会社にお支払いいただく必要があります。

有限会社マインズプランニング

●経営理念
仕事を通じて、お客さますべてに安心を提供し経済的に豊かな生活を送るための最良の助言者となり地域に貢献する

●私たちはリスクマネジメントと資産形成のプロフェッショナルです。
日常生活から企業防衛まで幅広くコンサルティングを行います。お客さまのちょっとした不安、疑問を親身に解消します。

IFA(Independent Financial Adviser)として、お客さまのゆとりある老後生活、資産形成を実現するためにアドバイスから実行、フォローまでお手伝いします。

●リスクマネジメント
私たちマインズプランニングは保険会社よりハイグレードエージェントとして認定された総合保険代理店です。創業から35年以上培ってきたノウハウでお客さまをサポートします。必要な補償とコストの面でお客さまに合わせて最適化し一元管理します。

〜リスクマネジメントとは〜
リスクを組織的に管理し、将来起こりうるリスクを想定し、リスクが起こった場合の損失を最小限に食い止めるための対応をいいます。これには、事前にリスクを回避するための措置と、起こった場合の補償等による対応という2つの側面があります。
メッセージ
●リスクマネジメントと資産形成の身近な相談窓口として
不安を安心に変える。問題点を見つけ出し解決してあげることが本当のプロフェッショナルです。

お客さまの置かれている環境をきちんとヒアリングし、今一番の問題は何かを把握すること、私たちが見つけてあげること、そこからお客さまの目的やニーズに合わせて情報を整理して、正しい方向に導いてあげることが私たちの役目ではないでしょうか。

そのためには私たち自身も常に成長し続ける必要があります。現在における最適な手法を最高のタイミングで提供するために日々勉強し、お客さまに寄り添った助言者として私たちは存在します。

●私たちは仕事を通じて地域社会に貢献できる企業を目指しています。

私たちは商品を売ることが目的ではなく、手段としてその商品を活用することで、その先にある幸せをお客様が得てもらうことを目的としています。それこそが私たちのお客さまへの想いであり、仕事を通じての地域社会に貢献したいと願っております。
企業情報
本社所在地
〒326-0831 栃木県足利市掘込町3005
アクセス
足利市駅から車で5分。駐車場はカフェと併用になりますが、15台分のスペースあり。
営業日・営業時間
平日9:00〜17:00
※ご相談業務は営業時間に関わらず、都合に合わせて受付しています
設立
2003年4月1日
提携会社
エース証券株式会社、三井住友海上火災保険株式会社、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、ソニー生命保険株式会社、アクサ生命保険株式会社、ジブラルタ生命保険株式会社
金融商品仲介業登録年月
2016年5月
金融商品仲介業登録番号
関東財務局長(金仲)第772号
相談の際のフォロー体制
当社は、顧客本位の業務運営に関する方針を掲げており、その1つに「お客さま基点のコンサルティング・情報提供」があります。
私たちはお客さまのニーズを理解する義務があり、そして、適切な商品およびサービスを提供するために、常にお客さまのニーズ、期待および関心を十分理解するよう努めるべき責任があります。お客さまのライフステージや加入目的、保障(補償)ニーズ、リスク許容度に応じ、お客さまに適切な金融商品ラインナップを用意し、お客さまの知識・経験・財産の状況・加入目的に照らし、適切な金融商品のご提案と各種情報提供に努めてまいります。

また、「お客さまにふさわしいサービスの提供」ということにもこだわっており、お客さまのライフステージや加入目的・保障(補償)ニーズ、リスク許容度に応じ、お客さまに適切な金融商品をご選択いただけるよう、幅広くかつ高品質な商品ラインナップを整備するとともに、お客さまの利益を最優先に考えたサービスをご提供するよう取組んでまいります。当社は、お客さまとの全てのコミュニケーションを大切にしています。今後も日々の業務運営において、より深くお客さまのニーズをくみ取り、より良いサービスのご提供が出来るよう、努力してまいる所存です。
運用後のフォロー体制
●アフターフォロー
・投資信託
ライフステージの変化や生活環境の変化に応じてメンテナンスが必要です。目的達成のためにポートフォリオの見直しやリバランスも必要になります。一緒に見直ししていきましょう。
・生命保険
ライフステージの変化や生活環境の変化に合わせてメンテナンスも必要になってきます。定期的な情報提供と随時無料相談を行っていますのでご利用ください。

●お問い合わせ対応
お客さまからのご相談やお問い合わせ、ご質問などをスピーディーかつ正確に対応することを心がけています。
弊社では独自のツールを活用してお客さまのご契約や個別情報、対応履歴等を一元管理し、お客さま一人一人に適したサポートをチームで行っています

●お客さまサポート
各分野の専門化が弊社を窓口としてお客さまをトータルサポートします。
事故に際して初期対応から原状回復、お支払いまでを独自ネットワークでスムーズに行います。
よくあるご質問・ご相談事例
よくある質問①:利益相反の適切な管理はしていますか?
お客さまへの金融商品のご提案に際し、利益相反が起こりうる可能性を認識し、適切に管理してまいります。当社と資本関係にあるサービス・商品を優先してお客さまに提案・販売することは一切ありません。当社は、特定の金融機関などの営業方針や利益を優先することなく、お客さまのニーズに合った金融商品の提案・販売を行ってまいります。
よくある質問②:お客さま基点の販売態勢の整備はしていますか?
役職員に対し研修や外部専門資格の取得奨励等を通じ、金融商品。経済状況、利益相反、IT技術等に関する知識・スキルの強化を図り、保険募集や金融商品募集に係る全てのサービスの質を高め、「お客さま基点」の考え方・行動を浸透させてまいります。
ご相談事例①:投資信託は、分配金で商品を選ぶべきでしょうか?
分配金は必ずしも利益の中から出ているとは限りません。また、その分配金も将来に向かって約束されたものでもございません。思いもよらず元本が減少してしまうこともございます。目的に合わせて商品選択をしましょう。必要な時に必要な資金が不足しないようお客さまの資産管理をお手伝いします。
ご相談事例②:人気商品を選ぶべきでしょうか?
よく売れている商品が必ずしもいい成績を残すとは限りません。営業マンが一番売っている商品ということで商品選びの指標の一つに過ぎません。当社は、お客さまの状況に合わせたポートフォリオを構築し最適な商品選びをお手伝いします。
ご相談事例③:資産の分散・長期投資・時間の分散が大事と聞くのですがそうなのでしょうか。
はい。リスクを極力軽減するにはこの3つを守ることが重要です。投資信託では資産の分散は自動的に行っており、最低10年以上の長期で運用し、毎月の定額投資していくことが大事です。少額から始められるので初心者でも気軽に投資をスタートすることが出来ます。
ご相談事例④:生命保険の必要補償額の算出には根拠がありますか?
現在、加入している内容で安心ですか?と聞くとほとんどの人が「いいえ」と答えます。それはなんとなく補償額を決めているからではないでしょうか。100人いれば100通りのプランがあります。自分に合ったプランでのご提案をします。
ご相談事例⑤:生命保険に加入すべきでしょうか。
保険は加入することが目的ではありません。自分に合った内容にするためには目的をしっかり決めましょう。目的達成のための解決法を一緒に考え、その解決法は必ずしも保険でないといけないわけではないかもしれません。生命保険は期間の長い商品です。例えば30年後の自分がどんな生活をしてどんな環境にいるか分かりますか?予測できない未来に対して柔軟に対応出来る保険に加入することが必要ではないでしょうか?真の安心を得るために私たちはお客さまの立場に立って提案します。豊富な知識と経験を持った専門家を揃えております。お客さまの置かれた状況に応じて適切なアドバイスをさせていただき、無理な売り込みや勧誘はいたしません。年間500件以上のご相談実績のある専門スタッフが、複数の生命保険会社からお客さま一人一人に合わせた最適な商品を選択します。
ご相談事項⑥:相続対策のポイントは何でしょうか。
1.分割の問題
「相続」を「争続」にしないために、遺言書も一つの方法ですが万能ではなく、生命保険や民事信託を活用して想いをカタチにしましょう。
2.節税対策
法定相続人が誰なのか明確にし基礎控除額を算出。生命保険の非課税枠や生前贈与を活用したり、方法は様々。贈与による非課税枠も多くあります。また、3年以内の贈与には注意。
3.納税対策
納税資金の準備としては保有財産から支払うのか、生命保険で準備するのか活用できる最良の方法を選択しましょう。
4.相続後の資産管理、二次相続対策
相続で得た資産をどのように管理・運用していくか、また配偶者が全て相続した場合、二次相続で大きく課税されないよう準備が必要。
5.資産を凍結させない
相続人が認知症になるケースが昨今問題に。認知症の方が相続人にいると、協議分割ができないという状態になってしまうため、一番の対策として民事信託が注目されています。
ご相談事項⑦:リスクマネジメントのポイントは何でしょうか。
1.周りに潜む全てのリスクを把握し顕在化する
全体のリスクマップからお客さまごとのリスク環境を確認します。ヒアリングすることでプロの視点からその問題点を顕在化することが出来ます。

2.保険は足し算ではなく引き算
保険料ありきで考えるのは危険です。まずは全てのリスクに対して補填できる方法を考え、そこから優先順位を決めて整理していくことで無駄のないリスク管理を実現します。

3.重複している補償はないですか?
特約によっては同居のご家族で一つ加入していれば保障できるものもあります。法人の場合、バラバラに加入していると見落としやすい点ですのでご注意ください。

4.保険には様々なサポートサービスがあります
保険会社によって様々な付帯サービスがございます。無料で使えるものや24時間サポートのサービスも多く活用次第で非常に便利です。
顧客特性
20代~40代の資産形成層が中心になります。20~30代の預かり高が小さいお客さまとも、地道な取り組みを一緒に行っています。まずは、つみたてNISAやidecoといった節税も見込めることに取り組んでもらうことで、金融リテラシーを高めて頂き、長期伴走をしたいと考えています。
相談する