【プロの本音:金融編Vol.2】我々ならお金に関する総合的なコンサルティングができる

「プロの本音:金融編」シリーズでは、IFA(独立系金融アドバイザー)のみなさんに、IFAになったきっかけや想いなどをお聞きしています。

具体的な相談事例や、ライフプラン・資産運用にお悩みの方へのメッセージもいただいていますので、ぜひご自身の資産運用や、ご相談の参考にしてみてください。

藤原達彦さんがIFAになったきっかけ・想い

-- 本日はよろしくお願いします。まずは藤原さんの自己紹介をお願いします。

 

シグマ株式会社の藤原達彦です。

大学(経済学部)在学中に「間接金融から直接金融へ」という大きな時代の流れを感じ、卒業後に日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)に入社しました。

北九州支店で5年、名古屋支店で3年半、リテール営業を経験しました。

日々マーケットと対峙し、直接金融の最前線に立っていたことで金融の幅広い知識と経験を得ることができました。

その後、IFAという働き方と会社の経営理念に共感し、証券会社で働いた経験も活かせることから現在の会社に入社しました。


-- IFAになったきっかけを教えてください。

 

IFAになったのは、弊社代表の吉田から声をかけられ、「IFA」という職業を知ったことがきっかけです。

証券会社にいた時、毎月の大きい営業目標を達成することは大変で、お客様のことを第一に考える余裕はあまりありませんでした。

また、定期的に転勤などもあり、3年~5年くらいの期間で結果を出さないといけないことから、短期目線での売買が中心でした。

「いったい自分は何のために、誰のために働いているのだろう」

「自分は社会の役に立っているのだろうか」

という漠然として思いが日々大きくなってきた中で、出会ったのが「IFA」という職業だったのです。

金融機関の営業方針がないのでお客様一人一人に合った提案ができ、転勤がないので長期的にお客様と付き合うことができ、自分が好きな「ファイナンシャルプランニング」「資産運用提案」ができるという、まさに自分にとって最高の職業だと思います。


-- IFAでなければ提供できない価値・サービスとは何でしょうか。

 

常に、お客様のことだけを考えられることです。

お客様、一人一人とお話させていただく時間が多く取れるようになったため、より一層その時その時、お客様に合わせたご提案ができるようになりました。

同じ方でも、年齢やご家族の状況によって求めるもの、目先・将来のご不安は変化していきます。

ご不安を解消するためには時にお客様自身だけではなく、ご家族の協力も必要になる事もあります。

その協力頂くご家族の不安の解消や要望に対応することが、中立的な立場でお客様へご提案ができることです。


-- IFAでなければ提供できない価値・サービスとは何でしょうか。

 

IFAとは「お客様と一緒に将来の目標(ファイナンシャル・ゴール)を考え、実現するための一番のパートナー」であると考えています。

そのためにきめ細やかなヒアリングを通じたファイナンシャルプランニングを通じ、ゴールベースアプローチによる資産形成・資産運用のコンサルティングが大事だと考えます。

それを実現可能にする要素のひとつが「転勤がない」ということです。

どうしても一般的な金融機関は転勤があるので、提案も短期目線になりがちです。

短期目線ではなく長期目線での運用提案ができるというのはIFAの特徴のひとつだと思います。

証券会社や銀行といった特定の金融機関に属していないため、中立的な立場でお客様へのご提案が可能です。

また、資産運用以外のカテゴリー(保険、税金、不動産、相続)の情報提供や、相続も考慮に入れた世代を超えたお付き合いができるというのもIFAならではのものであり、お金に関する総合的なコンサルティングができるということはIFAの大きな価値であると考えます。


-- IFAとしてお客様と接する中で、嬉しかったことを教えてください。

 

嬉しかったことはたくさんあるのですが、「信頼しています」と言っていただけるのが一番嬉しいですね。

例えば金融商品をお勧めした際に「この商品の成績が良いから」という理由でご購入されるのはもちろんのこと、それ以上に「商品も良いと思うけど、あなたのことを信頼しているから買うわ」と言っていただけるのは、「IFAをやっていてよかった」と心から思える瞬間です。

お客様からその大きな信頼を得るために、日々の勉強・自己研鑽はもちろんのこと、「約束を守る」「時間を守る」「嘘をつかない」「整理・整頓」などの小さなことを大事にしています。

 

IFAとしての特徴・相談内容

 

-- IFA相談に向いている人、向いていない人はいるでしょうか。また、どういった相談内容、どういう方々からのご相談が多いでしょうか。

 

いろいろなお考えのIFAがいて一概には言えませんので、弊社の考えをベースにお話させていただきます。

弊社はどちらかというと「投資初心者~中級者」の方で「あまり増やさなくてもいいから穏やかに中長期的に運用していきたい」というお客様がメインです。

あまり相談に向いていない方は、金融知識が豊富で、自分で資産運用ができ、短期売買で大きく利益を出したいという方です。

当然ご自身でやっていただく方がコストが安く済みますし、自分の好きなようにできると思います。

相談に向いている方は、すでに資産運用をされている方で「金融知識に自信がない」「今保有している商品を見てほしい」「運用を相談しながらやっていきたい」「中長期的にのんびり運用していきたい」方、もしくはこれから運用を始めていきたいが「何から始めたらいいかわからない」「勉強しながらいっしょにやっていきたい」といった方です。


-- 他のIFAとの違い、特徴、強みを教えてください。

 

強み・特長は主に3つあると考えています。

1つ目は、ライフプランニングをベースにした資産運用提案を行うこと

 

いきなり商品提案はしません。

将来のシュミレーションや目標がなければ、適切な運用金額、資産配分、運用商品を提案できないからです。

車に例えるならカーナビなしで、手探りで目的地に向かうようなものです。

ライフプランニングをすれば余裕資金、運用可能金額が見えてきます

また、将来お金が枯渇しないように資金計画や資産運用をすることができます。

運用する場合としない場合の将来の比較もできます。

定期的なフォローアップもこのライフプランをベースに行っています。

2つ目は、ポートフォリオ提案を行うこと

 

私達は基本的に短期売買よりも長期投資が主体です。

相場を当てにいったり投機的なことはしません。

投資環境が悪くなっても安心して中長期的に運用いただけることを実現するために、集中投資ではなくポートフォリオ提案を行っています。

3つ目は、資産運用以外のサポートができるということ

 

運用だけでなく、保険、税金、不動産、相続など、総合的なコンサルティングを行っております。

 

ライフプラン・資産運用にお悩みの方へのメッセージ

 

-- 人生100年時代に向けてのライフプランニングとはどのように行えば良いのでしょうか。

 

100歳まで生きてもお金が枯渇しないようなライフプランを、現時点での環境下で考えることが大事だと思います。

「将来年金が減る」「退職金が減る可能性がある」「ハイパーインフレになる」など目に見えない不安要素はたくさんあります。

ただ、それを考え出すと何も前に進めません。

作成するライフプランも現実味のないものになってしまい、逆にもっと不安になるかもしれません。

大事なのは「今」の環境下のデータをベースに作成することです。

将来年金が減ったときはその時にまた作り直せばいいのです。

家族構成が変わればその時にまた作り直せばいいのです。

 

大事なことは定期的にライフプランを見直すことです。

計画通り進んでいるか、変わったことはないか、軌道修正する必要はないかなどを定期的に点検することが必要です。

スマートフォンでいう「アップデート」をするイメージです。

時代のスピードはとても早いので、アップデートをするのは今後大変になるかもしれません。


-- 資産運用の見直しを考えている方、資産運用で困っている方にメッセージをお願いします。

 

資産運用でお困りの方のほとんどが、「よく分からない」を理由に挙げています。

一般的な金融機関に相談すればその場の応急処置はできるかもしれませんが、今後もよくわからないまま運用を続け、また同じ失敗をしてしまう可能性があります。

私達はただ単にライフプランニングや資産運用提案をするだけでなく、金融教育を通じたお客様の金融リテラシーの向上にも努めております。

しっかりした金融リテラシーを持つことは、今後の長い人生100年時代を生きていく上で必要不可欠です。

「株式とは何か」「債券とは何か」「リバランスの必要性」などの運用の基本的な知識をお伝えし、しっかりとご理解頂いた上でご契約を進めて参りますのでどうぞご安心くださいませ。

 


 

今回お話しを伺ったIFA(シグマ株式会社)

藤原 達彦
シグマ株式会社

大学卒業後、日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)に入社。個人富裕層、法人顧客への資産運用設計コンサルタントに従事し、営業表彰などを受賞。

今まで以上にお客様視点で物事を考え、一人でも多くのお客様の役に立ちたいとの考えからシグマ株式会社に入社、現執行役員。

丁寧なヒアリングとライフプランからお客様毎の課題を明確にし、最適な資産運用提案を心がける。ファイナンシャルプランナー(CFP)兼証券アナリストの専門知識を生かしたアドバイスが強み。

 


 

※本ページに記載されている内容は2021年1月20日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
新着記事 New Articles

2021年9月14日(火)

介護が必要となった主な原因の第1位は認知症。なる前に考えるべき老後の安心設計「任意後見契約」とは?

2021年9月13日(月)

S&P500への投資は最適?20年以上の長期運用なら損失したことはないという事実

2021年9月9日(木)

2023年末でジュニアNISA廃止!今からでもやるべき理由とは?

2021年8月28日(土)

相続対策のプロの考え方、3原則とは?|円滑な遺産分割、納税資金の確保、相続税の軽減

2021年8月27日(金)

贈与税の時効は原則6年|しかし「昔の贈与だから放置して大丈夫」という発想は危険

2021年8月26日(木)

離婚による財産分与の種類と課税|税金的にはどのような財産を分与するべきなのか?

2021年8月20日(金)

終活とは?自分自身、もしくはご家族が困らないための終活のすすめ

2021年7月17日(土)

投資信託の選び方(2)インデックス型とアクティブ型とは?

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ