タグ:老後資金の記事一覧

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ

2021年7月12日(月)

年金の受給開始年齢は65歳が基本、受け取りを遅くして支給額を増やす

2021年6月28日(月)

【2020年版】NISA口座での資産運用は株式と投資信託が大半

2021年6月28日(月)

【2020年版】NISAの口座数、20代・30代はつみたてNISAの割合が40%以上

2021年6月25日(金)

投資信託の積立プランは20代・30代では70%以上が活用中!

2021年6月25日(金)

7割の人が老後は今よりも「つつましい生活」になると回答、経済的不安をなくすには?

2021年6月24日(木)

【フリーランス必読】社会保障が必要だと感じている人が95%以上

2021年6月23日(水)

【30代〜50代の住宅ローン保有者向け】3ステップのバランスシートで家計を把握!

2021年6月23日(水)

ライフプラン・資金計画とは?2人に1人が立てているって本当?

2021年6月21日(月)

2025年定年延長を前に、60代男性は2人に1人以上が働く現状

2021年6月21日(月)

毎月分配型のメリットとデメリット、投資信託保有者の考え方は?

2021年6月21日(月)

8割以上が老後の不安は「公的年金では足りない」不安解消のために行うべきこと

2021年6月18日(金)

毎月分配型の投資信託が資産運用に向かない理由|つみたてNISAの対象外

2021年6月17日(木)

日本人は老後に収入のために働く人が多い?欧米との違いは?

2021年6月16日(水)

厚生年金の受給金額、会社員と自営業の年金制度の違いに注意!

2021年6月16日(水)

資産運用が何故重要か。公的年金の理解を深め、今から取り組もう

2021年6月15日(火)

フリーランス・自営業者の年金受給額は月6.5万円?国民年金以外にも備えを!

2021年6月14日(月)

年金で生活する夫婦2人世帯では毎月5.5万円の貯蓄を取り崩し

2021年6月13日(日)

単身者の老後の生活費と収入|女性は家計がマイナスの状態

2021年6月10日(木)

現預金と投資の割合はいくらが適切?20代・30代は積極的に投資を

2021年6月10日(木)

年代別の保有金融資産・貯蓄額|老後資金2,000万円には大きく不足

2021年6月10日(木)

平均の借入金額と利用目的は?老後の生活資金を早めに準備

2021年6月7日(月)

年金だけでは生活できない?老後の生活資金のための資産運用

2021年6月3日(木)

20代・30代の投資実行者は、企業型DCとiDeCoで私的年金の運用も

2021年6月1日(火)

NISAの利用は老後資金のため|20代・30代では教育・住宅資金目的も

2021年5月31日(月)

投資信託を購入するときは何を重視する?安定性・収益性が上位に

2021年5月28日(金)

会社員の年金は、企業型DCとiDeCoの併用でつくる!

2021年5月2日(日)

証券投資を行なっている人の年収・金融資産額は?少ない人も実施

2021年4月19日(月)

投資は難しい?損をする?は間違い、投資をやらないリスクとは

2021年4月19日(月)

【初心者向け】将来不安を取りのぞくための自分年金(老後資金)の作り方

2021年4月12日(月)

私的年金制度のiDeCoを使って、自分らしく豊かな老後の生活を!

2021年4月7日(水)

金融資産を保有する目的は「将来や老後に対する備え」がNo.1

2021年4月2日(金)

確定拠出年金(DC)と退職金、目的はほとんど同じです

2021年3月25日(木)

年金受給額から考える必要な老後資金と3つの対策!

2021年3月21日(日)

【基本編】介護にかかる費用・期間と介護保険の選び方

2021年3月11日(木)

<50代向け>自分に必要な老後資金と備えの収入増・資産運用

2021年3月10日(水)

<30代・40代向け>自分に必要な老後資金と備えの収入増・資産運用

2021年3月10日(水)

必要な老後資金は2,000万円?老後のお金の基本的な考え方

2021年2月17日(水)

【プロの本音:金融編Vol.21】「老後資金」は準備年数も使用年数も長く、必要金額が大きい

2020年12月1日(火)

必要な老後資金はいくら?人生設計で考える自分の人生100年!

2020年12月1日(火)

年金制度は破綻しない!年金の種類を理解して資産運用で備えを