資産運用の相談ができるIFAの特徴と登録人数推移(2020年6月末時点)

特定の証券会社や銀行に所属しない、独立系の金融アドバイザーであるIFAの登録人数は、2020年6月末時点で過去最多となる4,000人を突破しています。

これは、中立的なアドバイスを求める消費者・投資家の需要の増加が、一因となっていると考えられます。

その一方で、「IFA」をご存知ない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、IFAはどういった存在か、IFAに相談するメリットは何か、どのくらい増えているかをご紹介します。

IFA(独立系金融アドバイザー)とは?

IFAは Independent Financial Advisor の略で、日本語では「独立系金融アドバイザー」と呼ばれています。

イギリス・アメリカを中心に発達した仕組みで、金融機関(銀行や証券会社)から独立して、幅広く金融商品の提案や資産運用を行うことができるアドバイザーです。

金融機関に所属していないため、会社の業績や方針などの影響が少なく、中立的な立場でアドバイス・商品の提案ができることが最大の特徴です。

また、IFAは内閣総理大臣の登録を受けたうえで業務を行っていますので、安心して相談できる存在とも言うことができます。

IFAの仕組み

IFAの登録人数

IFAは日本では2004年にスタートした制度です。

最新の登録人数は2020年6月末時点で、4,036人になっています。

IFA登録人数の推移日本証券業協会「協会員の従業員数等(2020年6月末)」を元に、Route100編集部作成

特に直近2年間の増加数を見ると、約400人ずつ登録人数が増えています。

増加要因を指し示す明確なデータはありませんが、何らかの理由で消費者・投資家からのニーズが増えていると考えられます。

また、日本で登録人数が増えてはいますが、制度の参考元であるイギリスでは2.6万人、アメリカでは12.7万人が登録されています。

そのため、日本ではまだまだ少ないとも言え、今後さらに伸びる可能性があります。

IFAについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてどうぞ。

資産運用の中立的なアドバイスがもらえるIFAとは?他の投資方法との違いも解説

まとめ

この記事では以下のことを紹介してきました。

  • IFAは「独立系金融アドバイザー」のことで、中立的な立場でライフプランや資産運用の相談ができる
  • 日本ではIFAの登録人数が増えているが、イギリスやアメリカに比べるとまだ少ない

多くのIFAは初回相談を無料で受け付けていますので、投資を始めるきっかけがない方、資産運用やライフプランにお悩みの方は1度相談してみてはいかがでしょうか。


 

※本ページに記載されている内容は2021年1月15日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
新着記事 New Articles

2021年9月14日(火)

介護が必要となった主な原因の第1位は認知症。なる前に考えるべき老後の安心設計「任意後見契約」とは?

2021年9月13日(月)

S&P500への投資は最適?20年以上の長期運用なら損失したことはないという事実

2021年9月9日(木)

2023年末でジュニアNISA廃止!今からでもやるべき理由とは?

2021年8月28日(土)

相続対策のプロの考え方、3原則とは?|円滑な遺産分割、納税資金の確保、相続税の軽減

2021年8月27日(金)

贈与税の時効は原則6年|しかし「昔の贈与だから放置して大丈夫」という発想は危険

2021年8月26日(木)

離婚による財産分与の種類と課税|税金的にはどのような財産を分与するべきなのか?

2021年8月20日(金)

終活とは?自分自身、もしくはご家族が困らないための終活のすすめ

2021年7月17日(土)

投資信託の選び方(2)インデックス型とアクティブ型とは?

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ