投資・コラム記事一覧

NISAとiDeCo

iDeCoとつみたてNISAを比較!投資可能期間と引き出し制限
iDeCoとつみたてNISAの投資可能な期間、引き出しの制限について詳しく見ていきたいと思います。...

iDeCoとつみたてNISAを比較!税制優遇や加入条件・投資可能額の違い
iDeCoとつみたてNISAの税制優遇の違いを中心に、加入条件の違いや投資可能額・投資可能な商品について、詳しく見ていきたいと思います。...

iDeCoとつみたてNISAを比較!制度の概要とメリット・デメリット
実際に投資を始めるときにおすすめの運用方法は、「iDeCo(イデコ)(個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA(ニーサ)」の2つの制度を使ったやり方です。...

<50代向け>自分に必要な老後資金と備えの収入増・資産運用
老後資金は、教育費・住宅費と並ぶ、人生3大支出の1つです。50代の方を対象に老後資金のことを考えてみたいと思います。...

<30代・40代向け>自分に必要な老後資金と備えの収入増・資産運用
老後資金は、教育費・住宅費と並ぶ、人生3大支出の1つです。30代・40代の方を対象に老後資金のことを考えてみたいと思います。...

投資初心者にNISAがおすすめな理由、種類と制度のポイントも解説
NISAは少額投資非課税の制度です。簡単に言うと、通常投資によって得られた利益には約20%の税金が掛かりますが、この税金が免除されます...

NISA:少額投資非課税制度の口座数推移(2020年9月末時点)
NISAの口座数は2020年9月末時点で、1,041万件となっています(一般NISAとつみたてNISAの口座数合計)...

NISA:若年層の口座割合が徐々に増加(2020年9月末時点)
20〜40代のNISA口座数の割合が増えていることから、若年層に広がっていると考えられます...

  ▶︎ NISAの記事一覧

  ▶︎ iDeCoの記事一覧


分散投資

リスクの高い集中投資から分散投資の必要性を考える
投資・資産運用をするときに、「分散投資」という考えをよく目にすると思います...

分散投資でリスクを抑えた運用は安定的に資産を最大化する鍵
投資においては、値上がり幅を大きくするよりも、値下がり幅を小さく抑えることが重要...

分散投資の効果を測る「相関係数」とは
効果的な分散投資を考えるときに参考にしたい考えが「相関関係」です...

分散投資、基本の資産配分とメリット・デメリットを考える
基本の資産分配には、株式と債券、地域分散、全世界分散の組み込みなど...

分散投資の基本、積立投資で時間を分散
分散投資を行うときには、資産の分散を行うことはもちろん、時間を分散することも必要...

積立投資のデメリットは?コア・サテライト戦略で考える
積立投資のデメリットが語られることは少ないように感じます...

  ▶︎ 分散投資の記事一覧


初心者向け

【資産運用初心者向け】お金を殖やすために大切なこととは
基本の資産分配には、株式と債券、地域分散、全世界分散の組み込みなど...

金融商品の保有率から「貯蓄から投資へ」の変化を考える
基本の資産分配には、株式と債券、地域分散、全世界分散の組み込みなど...


年金・金融制度

コロナ渦の中、アメリカでは年金口座の資産残高が増加
ミリオネが増えているだけでなく、IRA口座全体の平均残高も増加...

確定拠出年金(DC)と退職金、目的はほとんど同じです
確定拠出年金(DC)と退職金はどう違うのか、ご存知でしょうか...


IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)

IFAの現状〜認知度とともに預かり資産残高が増加中
2019年4月24日に開催された「市場ワーキング・グループ」において、IFAの育成・普及を推進する必要があるという見解が示されました。 IFAとは、独立系金融アドバイザーのことです...

資産運用の相談ができるIFAの特徴と登録人数推移(2020年12月末時点)
特定の証券会社や銀行に所属しない、独立系の金融アドバイザーであるIFAの登録人数は、2020年12月末時点で過去最多となる4,200人超になっています...

日本で「貯蓄から投資へ」が進まない理由① 投資の成功体験を積めていない
2003年に「貯蓄から投資へ」のスローガンが掲げられて20年近くが経ちましたが、日本人の家計の割合は相変わらず現預金が中心です...

日本で「貯蓄から投資へ」が進まない理由② 制度設計が遅れている
日本で「貯蓄から投資へ」が進まない2つ目の理由として、「制度設計が遅れている」ことについて見ていきたいと思います。...

日本で「貯蓄から投資へ」が進まない理由③ 金融リテラシーが低い
日本で「貯蓄から投資へ」が進まない2つ目の理由として、最終回は「日本人の金融リテラシー」について見ていきたいと思います...

資産運用の相談ができるIFAの特徴と登録人数推移(2020年6月末時点)
特定の証券会社や銀行に所属しない、独立系の金融アドバイザーであるIFAの登録人数は、2020年6月末時点で過去最多となる4,000人を突破しています...

お金・株や投資信託の運用は誰に相談すればいい?
「お金に働いてもらう」とは具体的にどういうことでしょうか?何をすれば良いでしょうか?おすすめする方法の1つが、信頼できるアドバイザーを探すことです...

  ▶︎ IFAの記事一覧


 

※本ページに記載されている内容は2021年4月2日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
新着記事 New Articles

2021年7月17日(土)

投資信託の選び方(2)インデックス型とアクティブ型とは?

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ

2021年7月14日(水)

大学の学費はいくら?国公立と私立の違いと「学費」以外に必要なお金も解説!

2021年7月14日(水)

遺産の相続は早めに相談!生前贈与で「もめない相続」を心掛けましょう

2021年7月13日(火)

投資信託の選び方(1)株式・不動産などの投資対象資産を見る

2021年7月12日(月)

年金の受給開始年齢は65歳が基本、受け取りを遅くして支給額を増やす

2021年7月12日(月)

コロナ・ショックにも動じない「長期投資」で堅実な資産運用を

2021年7月9日(金)

【iDeCo・NISAを始める人向け】金融機関選びのポイント!つみたてNISA編

2021年6月30日(水)

【2020年版】つみたてNISA利用者は投資未経験者の割合が80%を突破!