積立投資のデメリットは?コア・サテライト戦略で考える

投資・資産運用をするときに、「分散投資」という考えをよく目にすると思います。

分散投資は資産運用を行うときの基本的な考え方です。

そして、資産の分散と合わせて、時間を分散する積立投資も必要です。

積立投資はメリットが語られることが多いですが、デメリットが語られることは少ないように感じます。

この記事では、積立投資のデメリットを考えてみたいと思います。

積立投資のデメリット4つ

積立投資をするメリットは、大きく4つです。

  1. 平均買付価格を下げられる
  2. 価格上昇のチャンスを逃さない
  3. 感情に左右されない
  4. 少額から始められる

それぞれの内容を具体的に知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

長期投資の考え

分散投資の基本、積立投資で時間を分散

積立投資は「下降・上昇を繰り返しながらも、長期的には上昇する」マーケットにおいて有効だとされています。

そのことも踏まえて、積立投資のデメリットを考えると、次の4つが考えられます。

  1. 継続的に下降するマーケットでは効果がない
  2. 一方的に上昇するマーケットでは一括買付が有利
  3. 資産形成に時間がかかる
  4. 短期的にはマイナスになり得る

1つずつ解説する前に、まずはデメリットの前提となる「コア・サテライト」の考え方をお伝えします。


前提:コア・サテライトの考え方

積立投資のデメリットを考える前に、コア・サテライト戦略(またはコア・サテライト投資法)を考えてみましょう。

コア・サテライト戦略は、資産をコア部分とサテライト部分に分ける考え方です。

「コアは中核」の意味で、老後の生活資金や住宅取得・教育費の準備など、生活に必要な基本的な資産を指します。

コアとなる資産は、リスクを抑えて計画的かつ安定的な運用を行う必要があります。

これに対し「サテライトは衛星」の意味で、コアである基本的な資産とは別に、高いリターンを狙いにいく資産を指します。

つまり、コア・サテライト戦略は、資産を生活に必要な基本資産である手堅く運用しつつ、さらに余裕のある資産を作るための戦略と捉えるのが良いと思います。

サテライトは、ある程度のリスクとリターンを狙った投資になることが多いため、余裕資金で運用することが望ましいです。

この、コア・サテライト戦略は年金基金などでも活用されている手法です。

 

積立投資は、手堅く長期運用する「コア」の資産運用に向いています。

一方で、積極的に投資する「サテライト」の運用には適していない面があります。

自分の資産をコアとサテライトに分けて、それぞれの性質に合った運用方法を考えることが大切だと思います。

では、具体的に積立投資のデメリットを、1つずつ考えてみましょう。


1)継続的に下降するマーケットでは効果がない

積立投資は手堅い運用ですが、継続的に下降するマーケットでは効果がありません。

ドル・コスト平均法は、平均買付価格を引き下げる効果がありますが、売却するときの価格が買付価格より上がっていないと利益は出ません

いわゆる、株式投資の「ナンピン買い」と同じで、株価が上がらない限り利益は得られません。

ナンピン買いとは?

ナンピン買いとは、保有している株の価格が値下がりしたときに、さらに株を買い増すことです。

平均購入単価(平均取得単価)※ を引き下げることを目的としています。

目的はドル・コスト平均法と同じように見えますが、ドル・コスト平均法が定期的に購入を続けることに対し、ナンピン買いは株価が下がったときにあえて買い増す行為ですので、よりリスクが高いと言えます。

※平均購入単価とは「1株当たりの購入金額」を示す平均価格のことです。

繰り返しになりますが、積立投資は「上昇や下落を繰り返しながらも、長期的には上昇していくマーケット」であることを大前提にしています。

この、上昇するマーケットを当てることを避けるためには、合わせて資産分散を考える必要があります。

例えば、特定の企業の株を毎月定額で購入する、株式累積投資(るいとう)があります。

るいとうもドル・コスト平均法を活用した積立投資ですが、1つの銘柄に集中投資することから、資産分散の効果はなく、その企業の成長にかける行為です。

もちろん、多くの企業に投資をすることで分散投資の効果は得られますが、そのためにはある程度の資産が必要です。

そういった意味で、株式の個別銘柄の購入は基本的に「サテライト」向きの投資だと言えます。


2)一方的に上昇するマーケットでは一括購入が有利

スマホとPCで株価分析

ドル・コスト平均法では、平均買付価格を引き下げることができます。

そのため、相場が単純に一直線に上昇し続ける場合は、価格が低いタイミングで一括購入した方が、得られる利益は大きいです。

つまり、一方的に上昇を続けるマーケットにおいては、積立投資はデメリットになる可能性があります。

株価の推移などを見ると、誰もが1番安いときに買って、1番高いところで売れば儲かると思うかもしれません。

短期的にはそのような相場もあるため、上昇が見込める資産を一括で購入し、ある程度値上がりしたタイミングで売却する手法もあります。

ただ、歴史を振り返って見ても、長期的には株式市場は上昇と下落を繰り返しながら推移します。

一直線に上昇することはありませんので、「コア」の資産運用は長期の積立投資を行うのが適しています。

一方で「サテライト」の運用であれば、積立投資ではなく短期的な投資で利益を狙うことを考えてみても良いかもしれません。


3)資産形成に時間がかかる

積立投資は、長期の資産形成に適した手法です。

短期的な成果は期待するべきではありません。

そのため、数年以内に使う予定のある資金や、年齢的に長期運用ができないケースには向いていません。

時間をかけて運用できる資金であるかを考えて、投資をする必要があります。


4)短期的にはマイナスになり得る

これまでもお伝えしてきた通り、ドル・コスト平均法は万能ではありません。

投資である以上、絶対に損をしないわけではありません。

特に、短期ではマイナスになる可能性は十分にあります。

このグラフは、投資期間別のリターンを表したデータです。

(出所:J.P.Morgan Asset Management 「Guide to the Markets」より抜粋)

資産によって違いはありますが、次のことが分かります。

  • 1年間の運用では、リターンの幅が大きくマイナスになる可能性も高い
  • 5年・10年と運用するにつれて、リターンの幅が落ち着き、マイナスになる可能性は低くなる。
  • 20年間の運用では、さらにリターンが安定し、すべてプラスになっている。

もちろん、20年間運用すれば絶対プラスになる保証はありません。

ですが、これらのデータを見ても分かる通り、長期分散投資を行っていくことで、損失が出る可能性が低くなることが分かります。

まとめ

この記事では、積立投資のデメリットを見てきました。

  • 継続的に下降するマーケットでは効果がない
  • 一方的に上昇するマーケットでは一括買付が有利
  • 資産形成に時間がかかる
  • 短期的にはマイナスになり得る

積立投資は、時間をかけて手堅く運用する「コア」資産に適した手法です。

積立投資のメリット・デメリットは、運用資産が「コア」か「サテライト」かによって変わってきます。

そのため、投資する資金が「コア」か「サテライト」かを考えて、それぞれに適した効果的投資を行っていきましょう。

また、「より詳しく知りたい」「実際に投資方法を相談したい」といった方は、ぜひ1度お気軽にご相談ください。


 

※本ページに記載されている内容は2021年3月18日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket