iDeCoとつみたてNISAを比較!制度の概要とメリット・デメリット

資産運用の王道は、長期・つみたて・分散投資です。

そして、実際に投資を始めるときにおすすめの運用方法は、「iDeCo(イデコ)(個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA(ニーサ)」の2つの制度を使ったやり方です。

これらの制度にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

そのため、どちらを使うのが良いかは、現在の年齢や資産運用の目的などによっても変わってきます。また、両方を使うこともできます。

この記事では、2つの制度の概要をお伝えし、どちらの制度を使ってどのように運用するのがよいか、比較検討してみたいと思います。

1. なぜ、iDeCoとつみたてNISAは長期投資向き?

まずは「なぜ、iDeCoとつみたてNISAは長期投資に向いているのか?」です。

結論から言うと、どちらも税制優遇のある口座だからです。

「アセット・ロケーション」という言葉をご存知でしょうか?

資産配分を意味する「アセット・アロケーション」ではありません。

「アセット・ロケーション」は、直訳すると「アセット=資産」の「ロケーション=置き場所」です。

つまり、「資産をどこに置いておくか」ということです。

同じ資産配分で、同じタイミングで購入し、同じ期間保有していても、課税口座で運用した場合と非課税口座で運用した場合では、当然受け取る金額が異なります。

iDeCoとつみたてNISAはいずれも非課税口座です。

そのため、これらの口座での運用によって得られた利益は非課税になります。

現在、金融商品の利益にかかる税率は約20%です。

つまり、資産運用によって増えたお金の約2割を、税金として納める必要があります。

元本100万円を運用し、150万円になったときに売却したとすると、利益は50万円になります。この利益50万円に対して約20%の税金がかかり、約10万円が税金として納める必要があります。

ただ、同じことを非課税口座を利用して行うと、それだけで約10万円の利益を受け取ることができます。

つまり、iDeCo・つみたてNISAの制度を使わない手はありません

資産運用の期間が長くなり、運用利益が大きくなるほど、課税のインパクトは大きくなります。

長期での資産形成を考えている方は、まずこの2つ制度を活用することが必須だと言えます。

iDeCoと、つみたてNISAの違いは?

iDeCoで老後資金を運用

さて、そのiDeCoとつみたてNISAですが、違いを説明できますか?

少し似ているところもあるので、分かっていない方は割と多いです。

ここでは、簡単に違いをご説明します。

 

どちらも税制優遇のメリットがあり、長期・つみたて・分散投資に向いている制度である点は同じですが、実は制度が目指す目的が異なります。

ここが、2つの制度の違いを理解するためのポイントです。

まず、iDeCoは個人型確定拠出年金の愛称であり、名称の通り年金制度の1つであり、老後に向けた年金資金の形成促進を目的にした制度です。

一方で、つみたてNISAの目的は「投資・資産運用の促進」です。

「貯蓄から投資へ」を掲げる、金融庁が投資を推し進めるための制度です。

  iDeCo つみたてNISA
管轄省庁 厚生労働省 金融庁
制度の目的 老後に向けた年金資産の形成促進 投資・資産運用の促進
税制優遇 ・運用による利益が非課税
所得控除あり
・運用による利益が非課税
加入資格 20歳以上60歳未満の人
※勤務先制度による制約あり
※2022年5月からは65歳未満に引き上げ予定
日本在住で、20歳以上の人
年間投資可能額 14.4〜81.6万円 一律40万円
投資可能商品 元本確保型商品と投資信託 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
投資可能期間 最長90歳まで(70歳から受け取り開始、20年間分割で受け取った場合) 20年間
引き出し制限 原則60歳まで引き出し不可 なし(いつでも引き出し可能)

それぞれの制度の目的を踏まえると、制度の違いが見えてくるのではないでしょうか?

違いはいくつかありますが、大きな違いは以下の3つです。

  • 所得控除のあるiDeCoの方が、税制優遇のメリットが大きい
  • 若い人ほど、iDeCoで資産運用できる期間が長い
  • つみたてNISAはいつでも引き出せるが、iDeCoは原則60歳まで引き出せない

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、つみたてNISAとiDeCoを活用するメリット、それぞれの違いの概要を見てきました。

iDeCoとつみたてNISAを比較!税制優遇や加入条件・投資可能額の違い

貯蓄でお金を育てる

iDeCoとつみたてNISAを比較!投資可能期間と引き出し制限

また、「より詳しく知りたい」「実際にどうしたらいいかを知りたい」といった方は、ぜひ1度お気軽にご相談ください。


 

※本ページに記載されている内容は2021年3月12日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
新着記事 New Articles

2021年9月14日(火)

介護が必要となった主な原因の第1位は認知症。なる前に考えるべき老後の安心設計「任意後見契約」とは?

2021年9月13日(月)

S&P500への投資は最適?20年以上の長期運用なら損失したことはないという事実

2021年9月9日(木)

2023年末でジュニアNISA廃止!今からでもやるべき理由とは?

2021年8月28日(土)

相続対策のプロの考え方、3原則とは?|円滑な遺産分割、納税資金の確保、相続税の軽減

2021年8月27日(金)

贈与税の時効は原則6年|しかし「昔の贈与だから放置して大丈夫」という発想は危険

2021年8月26日(木)

離婚による財産分与の種類と課税|税金的にはどのような財産を分与するべきなのか?

2021年8月20日(金)

終活とは?自分自身、もしくはご家族が困らないための終活のすすめ

2021年7月17日(土)

投資信託の選び方(2)インデックス型とアクティブ型とは?

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ