お金・株や投資信託の運用は誰に相談すればいい?

人生100年時代と言われる中、一番の心配事は何でしょうか?

健康と答える人も多いのではないでしょうか。

実際、2025年には700万人が認知症になるとも言われています。これは、65歳以上の5人に1人にあたる人数です。

また、健康と並んで、お金のことが心配な人も多いのではないでしょうか。

日本は人口減少時代に入っており、世代間の支え合いである社会保障制度、つまり年金の持続性にも疑問を持つ人が増えてきています。

自分の老後の資金は自分で確保する時代が、もう目の前に来ています。

つまり、「健康寿命」とともに「資産寿命」を伸ばすことが大切だと言えます。

 

1. 不労取得・お金に働いてもらうことを考える

健康な身体を維持するためには、何が必要でしょうか?

食事に気を付ける。適度な運動を行う。人間ドック等で定期的に検査をする。

こういったことは、当たり前だと思っている人が多いと思います。つまり、そういった努力を継続することの大切さは、多くの人が自然と考えていると思います。

一方で、お金についてはどうでしょうか?

お金に働いてもらうという考えを持っている人は、どれほどいるでしょうか?

ゼロ金利時代と言われる現代、お金を少しでも増やす努力をする意識・行動は、とても大切です。

健康でいるために気を付けることと同様に、お金を増やすことも日頃から意識し、継続的に努力を行う必要があります。

お金を運用することで、お金自身にも働いてもらうことを考えていきましょう。

 

2. 具体的にどうすればいい?

健康とお金のバランス

では「お金に働いてもらう」とは具体的にどういうことでしょうか?何をすれば良いでしょうか?

やはり、基本的な金融の知識を身に付ける必要があると思います。健康を維持するために、食事や運動のことを知ることと同じです。

ただ、これも健康と同じで、専門家レベルの知識を得て、それを実践することは簡単ではありません。

金融の専門家は、それが仕事なので多くのエネルギーを注ぐことができますが、仕事を持ちながらお金の勉強まで行うことは現実的に無理があると思います。

そこでおすすめする方法の1つが、信頼できるアドバイザーを探すことです。

健康でいるために、信頼できるジムや食事のトレーナー、持病がある方は掛かり付け医を持っている方もいると思います。

法律の問題があるときには、信頼できる弁護士を探します。

税金の問題があるときには、信頼できる税理士を探します。

専門的な問題を解決するためには、プロに相談する。これは王道の考え方です。

お金の相談には、その道のプロである資産運用のアドバイザーを見つけることが、目的を達成するための最短距離ではないでしょうか。

 

3. プロの資産運用アドバイザーとは?

多くの方は、FP(ファイナンシャルプランナー)や、銀行・証券会社などのアドバイザーを思い浮かべるのではないでしょうか。

あまり聞き覚えがないかもしれませんが、それ以外に最近はIFAも増えてきています。

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略称で「独立系ファイナンシャル・アドバイザー」のことです。

特徴は、中立的な立場でお客様へアドバイスを行う金融の専門家だということです。

証券会社や銀行のような、特定の金融機関からに所属していないため、中立的なアドバイスを行うことができます。

IFAはイギリスが発祥で、現在ではイギリスはもちろん、アメリカでも一般的な存在になっています。

アメリカでは、個人に金融サービスを提供するアドバイザーの70%以上が、この独立系ファイナンシャル・アドバイザーだと言われています。

日本では2004年に制度がスタートしていますが、まだその存在はあまり知られていません。

日本の金融制度・ビジネスは金融先進国であるイギリス・アメリカの後を追ってきた歴史があるため、将来的に日本でもその存在が一般的になってくると考えられます。

 

4. IFAのメリット・デメリット

メリットとデメリット

では、IFAにはどのようなメリットがあるでしょうか?

IFA相談のメリット

  1. 長期間継続的にアドバイスを受けることができる
  2. 特定の金融機関に所属しない、中立的な立場のアドバイザーである

まず、多くの大手金融機関と違い、IFAには基本的に転勤がないことです。

そのため、IFAをアドバイザーにした場合、長期間継続的なアドバイスを受けることができます。

これは重要な要素で、人生100年時代の資産運用を行う場合、資産運用を長期で考える必要があります。

2つ目は、中立的な立場のアドバイザーだということです。

IFAは特的の金融機関に所属していないため、お客様へ商品を提案する際に、基本的に商品選択の制限がありません。

そのため、複数の運用会社が取り扱う多様な商品の中から、お客様に最適と思われる商品やサービスを提案することができます

お客様に寄り添って、一緒に選択できる存在だと言えます。

 

では、逆にIFAをアドバイザーにする際のデメリットは何でしょうか?

自分でインターネット取引する場合に比べると手数料が高い」ことが、最も大きなデメリットと言えるかもしれません。

現在、日本のIFAは手数料ビジネスが多くなっています。

お客様から直接報酬を受け取るのではなく、金融商品を取り引きした際の手数料の一部を証券会社から受け取る仕組みです。

今では、インターネット証券の口座を使って、自分自身で商品を選択することができます。

このような、間に介在する人が少ないインターネット取引が金融商品を最も低コストで購入するやり方の1つです。

しかし、IFAをアドバイザーにした場合は一定の手数料が掛かります。(手数料は金融商品によって違いがあります。)

最近は、金融商品の取引の度に売買手数料をいただかず、取り扱っている資産残高に応じて手数料をいただく契約のIFAも増えつつあります。

ただし、その場合も一定のコスト負担が生じることに違いはありません。

 

5. 人生100年時代を自分の力で生き抜くために

自分で投資・資産運用の勉強をして取引ができる人は、コストの面ではその方法が1番良いかもしれません。

ただ、知識や時間の問題で自分で投資・資産運用ができない方もいると思いますし、1人で資産運用を行うのは不安な方も多いと思います。

そういった方は、お医者さん・弁護士・税理士に相談するように、IFAに相談して「お金に働いてもらう」ことを1つの手段と考えてみてはいかがでしょうか?

人生100年時代、「お金」について真剣に考えてみましょう。

ぜひ、信頼できる資産運用のプロを見つけてみてください。

よりよい人生を送るために。


関連記事

人生100年時代

「人生100年時代」に本気で向き合う!人生設計と資産形成

アドバイザーからの提案 資産運用の中立的なアドバイスがもらえるIFAとは?他の投資方法との違いも解説

※本ページに記載されている内容は2021年3月5日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
新着記事 New Articles

2021年9月14日(火)

介護が必要となった主な原因の第1位は認知症。なる前に考えるべき老後の安心設計「任意後見契約」とは?

2021年9月13日(月)

S&P500への投資は最適?20年以上の長期運用なら損失したことはないという事実

2021年9月9日(木)

2023年末でジュニアNISA廃止!今からでもやるべき理由とは?

2021年8月28日(土)

相続対策のプロの考え方、3原則とは?|円滑な遺産分割、納税資金の確保、相続税の軽減

2021年8月27日(金)

贈与税の時効は原則6年|しかし「昔の贈与だから放置して大丈夫」という発想は危険

2021年8月26日(木)

離婚による財産分与の種類と課税|税金的にはどのような財産を分与するべきなのか?

2021年8月20日(金)

終活とは?自分自身、もしくはご家族が困らないための終活のすすめ

2021年7月17日(土)

投資信託の選び方(2)インデックス型とアクティブ型とは?

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ