最適なポートフォリオを見つける方法〜効率的フロンティア

投資・資産運用をするときに、「分散投資」という考えをよく目にすると思います。

分散投資は資産運用を行うときの基本的な考え方です。

この記事の前段となる考え方ですので、ご存知ない方は合わせてご覧ください。

  1. 分散投資でリスクを抑えることが重要
  2. リスクを抑えると、資産を増やしやすい
  3. 資産同士の相関関係から効果的に分散する
  4. 基本的なポートフォリオの構成と考え方
  5. 資産だけではなく、積立で時間を分散する
  6. コア・サテライトで投資手法を考える
  7. 分散投資は1年毎にリバランスしてリスクを適正化

この記事では、それぞれの資産を組み合わせて、運用効率の良く、自分のリスク許容度に見合ったポートフォリオを見つける方法を考えていきたいと思います。

1. 2つの資産の相関関係

異なる性質の2つの資産を、同じ割合で組み合わせた場合、リスクとリターンはどのように変わるでしょうか?

それぞれのリスクとリターンを足して2で割る、つまり平均値になるでしょうか?

実は、そのような単純平均にはなりません。

組み合わせる資産やその割合によって、リスクを抑つつリターンをある程度維持することもできます。

例えば、先進国株と日本株を組み合わせた場合を考えてみます。

  1. 日本株100%
  2. 先進国株100%
  3. 日本株50%、先進国株50%の単純平均
  4. 日本株50%、先進国株50%の想定

この4パターンの、リスクとリターンをまとめたのが次の表です。

No 保有比率 リスク リターン シャープレシオ
1 日本株100% 17.4% 3.9% 0.22
2 先進国株100% 19.2% 6.9% 0.36
3 日本株50%
先進国株50%
単純平均 18.3% 5.4% 0.29
4 想定 17.1% 5.6% 0.33

myINDEX「資産配分ツール」を元に筆者作成(*2001年2月末-2021年2月末)

この比較表の4を見ると、2つの資産を組み合わせたポートフォリオには、次の特徴が見られます。

  • リスクが下がっている(最も低い)
  • リターンが単純平均よりも高い
  • 投資効率を示すシャープレシオの数値も高い

これが、リスクを抑つつリターンをある程度維持することができる分散投資の効果です。

2. 効率的フロンティア

もちろん、50:50ではなく比率を変えることで、リスクとリターンは変化します。

日本株と先進国株の組み合わせ比率を、90:10 → 80:20 → 70:20と10%ずつ変えて、リスクとリターンの変化を表したのが次のグラフです。(縦軸がリターン、横軸がリスク)

myINDEX「資産配分ツール」を元に筆者作成(*2001年2月末-2021年2月末)

この水色の曲線を、効率的フロンティアと呼びます。

上のグラフは、日本株と先進国株の2つの資産を組み合わせたグラフですが、様々な資産をありとあらゆる比率で組み合わせると次のようなグラフになります。

このときに、同じリスクで最も高いリターンが得られるポイント、つまり縦線を引いたときに最も高い点を結んだ線が、先ほど効率的フロンティアです。

そして、この効率的フロンティアの曲線上にある点が「効率的ポートフォリオ」です。

この効率的ポートフォリオの中から、自分のリスク許容度にあったポートフォリオを選択することで、理論的に「最も効率の良い投資」ができることになります。

 

この効率的ポートフォリオという考え方は、現代ポートフォリオ理論の考え方です。

ロボアドバイザーの中には、この考え方に基づいたポートフォリオで資産運用を行っているところもあるようです。

出典:WealthNavi「最適ポートフォリオって何ですか?」より抜粋

ただし、この理論は過去の実績データを元にした理論であるため、未来の結果を保証するものではありません。必ず利益が得られる、利益が最大化することを保証するものではありませんので、その点はご注意ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、以下のことをお伝えしてきました。

  • 資産を組み合わせることで、リスクを抑つつリターンをある程度維持することができる
  • 資産の組み合わせ比率を変えることで、効率的フロンティアが見えてくる
  • 効率的フロンティアから、同リスクで最も効率的なポートフォリオが分かる

分散投資は大切な考え方ですが、闇雲に分散しても思ったような効果は得られないかもしれません。

自分のリスク許容度を把握し、その中で投資効率を高めていきたいですね。

また、「より詳しく知りたい」「今のポートフォリオが適切か相談したい」「ポートフォリオ構築のアドバイスが欲しい」といった方は、ぜひ1度お気軽にご相談ください。


 

※本ページに記載されている内容は2021年3月21日時点のものです
※記載内容に誤りがある場合、ご意見がある方はこちらからお問い合わせください

アドバイザーを探す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
新着記事 New Articles

2021年9月14日(火)

介護が必要となった主な原因の第1位は認知症。なる前に考えるべき老後の安心設計「任意後見契約」とは?

2021年9月13日(月)

S&P500への投資は最適?20年以上の長期運用なら損失したことはないという事実

2021年9月9日(木)

2023年末でジュニアNISA廃止!今からでもやるべき理由とは?

2021年8月28日(土)

相続対策のプロの考え方、3原則とは?|円滑な遺産分割、納税資金の確保、相続税の軽減

2021年8月27日(金)

贈与税の時効は原則6年|しかし「昔の贈与だから放置して大丈夫」という発想は危険

2021年8月26日(木)

離婚による財産分与の種類と課税|税金的にはどのような財産を分与するべきなのか?

2021年8月20日(金)

終活とは?自分自身、もしくはご家族が困らないための終活のすすめ

2021年7月17日(土)

投資信託の選び方(2)インデックス型とアクティブ型とは?

2021年7月15日(木)

【相談実例】金融資産と保有不動産をどう活用して老後に備えるか:福岡在住・55歳・女性(独身)

2021年7月15日(木)

年収900万円だと生活はラク?老後資金のための節税・資産運用方法3つ